このサイトでは、音楽も葬儀を構成する大切な要素であるということを考えてみたいと思います。
葬儀は故人と最後のお別れをする場ですから、厳粛な雰囲気のなかで行われるのが一般的です。
そんな式場に気持ちを落ち着けてくれる優しい音楽が流れていると、私たちもより清らかな気持ちで故人と対することができるような気がします。
選曲は、故人が好きだった曲で思い出を振り返るのが良いでしょう。
仲には、生演奏のサービスを行っているところもあります。

音楽も葬儀を構成する大切な要素

音楽も葬儀を構成する大切な要素 音楽には不思議な力があります。
例えば、ある曲を聴くことで、ある特定の出来事が思い返されたりすることもあるでしょう。
近年、音楽を葬儀に取り入れるのが人気です。
故人の大好きだった曲を聴きながら、故人との最後のお別れを心ゆくまで行うことができるからです。
あるいは、クラシック音楽などを流すことで、葬儀独特の緊張感を和らげてくれる効果を狙う場合もあります。
曲の選曲は残された家族で行う場合が多いので、故人との思い出を語りながら、その人らしい曲を心を込めて選んであげると良いでしょう。
また自分の葬儀に対する要望の強い人は、万が一の場合に備えて、リストを作っておくなど周りの人に自分の要望が伝わるようにしておくと良いかもしれません。

葬儀BGMとしてよく使われる曲

葬儀BGMとしてよく使われる曲 葬儀は言うまでもなく故人と遺族あるいは親しかった人々が最後のお別れをする厳粛な場です。
会場内でBGMを流すのであればその雰囲気にふさわしいものを厳選して使いましょう。
まず故人が生前大好きだった曲、よく聞いていた曲があって、遺族や知人・友人にもお馴染みの音楽がある場合、それを流すのが良いでしょう。
葬儀という場には合わない明るく元気な曲であっても構いません。
故人が大好きだった曲で送ってあげることが何よりの供養になります。
洋楽ではクラシックに有名な鎮魂曲があるのでそれを使いましょう。
モーツァルトの「レクイエム」、シューベルトの「アベマリア」、ショパンの「別れの曲」など。
在り来たりで定番すぎると思われても良いのでスタンダードな音楽を流しましょう。
誰もが知っている曲を使った方が鳴っていても気にならず、参列者に嫌いな方も少ないので安心です。
邦楽にも亡くなった方を偲ぶ意味合いの名曲がありますのでそれを流すのが良いでしょう。
秋川雅史の「千の風になって」、夏川りみの「涙そうそう」、美空ひばりの「川の流れのように」などこれまた誰もが知っている曲なので耳障りになることもないでしょう。
もしボーカルの入ったものが会場の雰囲気に合わないと思った場合はオルゴールやストリングス演奏のバージョンを流すなど工夫してみるのも良いかもしれません。

葬儀関連お勧めリンク

茨城県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

茨城県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式